第29回日本Cell Death学会学術集会

ご挨拶

第29回日本Cell Death学会学術集会会頭<br>東京医科歯科大学難治疾患研究所 鍔田武志
第29回日本Cell Death学会学術集会会頭
東京医科歯科大学難治疾患研究所
鍔田武志

現在世界は、COVID-19の流行というスペイン風邪流行以来の世界的な公衆衛生の危機に見舞われています。このため第29回日本Cell Death学会学術集会が1年延期となり、もともと2021年の学術集会の会頭に決まっていました東京医科歯科大学の鍔田が、第29回日本Cell Death学会学術集会の会頭をつとめることになりました。

細胞死研究は、その黎明期のような万能感こそありませんが、着実にそのメカニズムや疾患における役割の解明が進んでいます。本学術集会では、このような研究の発展を背景に、「除去の細胞生物学」「細胞死と炎症・疾患」「フェロトーシス研究の最前線」の3つのシンポジウムをそれぞれ京大の鈴木淳先生、名古屋大の菅波孝祥先生、北里大の今井浩孝先生にオーガナイズ頂きます。若手の第一線の研究者を中心に、臨床部門の研究者や女性研究者も含め多様な研究者に発表頂きます。特別講演は、虚血再灌流傷害の制御での制御性T細胞の役割の解明などで優れた研究を展開されている慶應大の吉村昭彦先生と、細胞老化研究の第一人者である原英二先生にお願いしています。また、一般演題としてポスター発表を公募します。全てのポスター発表者には、フラッシュトークとして要点を口頭発表頂きますが、一部は口頭演題として時間をとって発表して頂きます。

COVID-19の流行により、研究の縮小を余儀なくされ、その結果研究の遅延がおこっています。移動制限により学術交流が停滞し、また、学会や研究会の多くが中止やオンライン化され、研究者が交流を深め、研究におけるアイデアを交換することが難しくなっています。このような状況の中で、本学術集会では専門性や背景の異なる研究者や大学院生が細胞死をキーワードとして少しでも交流を深め、アイデアを交換することで、創造的な研究が生まれる場にできればと考えています。今後夏に向けてCOVID-19の流行がどのように推移するかは予断を許しません。しかし、気温の上昇とワクチンによって一定の制御が可能となることが想定されます。このため、本研究集会は、できるだけ対面で行いたいと考えています。万が一、流行が収束せず対面で行えない場合はオンラインで開催する予定です。多くの皆さんの積極的なご参加をお願いします。